賃貸の下水トラブル

賃貸の下水トラブル対処法

賃貸アパートの下水トラブル

賃貸アパートを借りて暮らし始めたら、トイレが詰まっていて流れないなんてことがあるかもしれません。アパートの大家さんや管理会社が確認して生活しても不具合のないように点検していますが、下水のトラブルは目に見えない部分であり、配管掃除をしても異物が詰まっていて、排便などをすると絡まって水や汚物が流れないことがあります。賃貸であるので、状況を見てもらい修復してもらうように交渉しましょう。退去時には原状回復があるので、初めから配管が詰まっていたことを確認してもらい、後でトラブルならないように注意しましょう。

不動産賃貸のトラブル

不動産賃貸のトラブルは、賃貸借計約する時より終了時が圧倒的に多いのです。契約するは、不可能な条件や嫌な条件があれば契約しなければ良いわけですが、終了時はその契約通りに終了したかしないかで争いになることもあるほどです。例えば、土地の場合、契約終了時に原状復帰をするといった契約があります。なにをもって原状復帰かはいろいろな考え方があります。建築物を建て、そのままが現状なのかという解釈から、取り壊して更地にするのが現状だと解釈するか、などです。借家やアパートなどの場合も同様です。ときの経過とともに劣化してゆくものなのか、賃借人が故意か過失で壊したのかで、トラブルになります。契約をするときは、納得するまで内容を確認する必要があるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 賃貸の下水トラブル対処法 All rights reserved